カトリック手取教会へようこそ! 

「疲れた者、重荷を負う者は、
  だれでもわたしのもとに来なさい。
  休ませてあげよう。
  わたしは柔和で謙遜な者だから、
  わたしの軛(くびき)を負い、
  わたしに学びなさい。
  そうすれば、
  あなたがたは安らぎが得られる。
  わたしの軛(くびき)は負いやすく、
  わたしの荷は軽いからである。」
(マタイ福音書11章28~30節) 

 
ようこそカトリック手取教会信徒会ホームページにおいでくださいました。
教会は神がおられるところ、神の家です。誰でも祈ることができる場所です。
神に悩みや苦しみを打ち明けたり、讃美と感謝をささげたり、困難な状況からの解放を願う
こともできます。個人でも祈ることができ、共同体としても祈ることができます。
また、教会は神を信じ、神の望みを行おうとする人の集いでもあります。
完璧な人の集まりではなく、普通の人が神の望みに従って少しずつ変えられていく場です。そのために、ともにいることが大切です。 

 *どこでも祈ることができますが、適当な場所を選択することは祈るためにたいへん重要
です。教会の御聖堂は、典礼の祈りと聖体礼拝のための場所です。
(カテキズム566)

【キリスト教入門講座】
定期的に開いています。
ご関心のある方は、事務所(096-352-3030)又は案内所「ぶどうの樹」へお問い合わせください。

【ミサ】
カトリック手取教会では土曜日の午後6時、日曜日の朝9時と11時に主日のミサを行っています。初めての方は是非日曜日のミサにお越しください。


特別なお知らせ

【新型コロナウイルス感染症対策】

新型コロナウイルス感染症対策として、ミサ開始前に受付を設けています。クラスター発生防止のため、体温が37.5℃以上の方はご遠慮願っています。参加証にお名前と地区そして連絡先を記入していただき、『聖書と典礼』をお渡しします。入堂に際しては手の消毒をお願いしています。聖堂内は間隔をあけて座ってください。ソーシャル・ディスタンス確保のため一席おきに「座らないでください」と貼り紙をしてあります。聖堂内の収容能力は100名で、超えた場合は信徒会館(マリア・ヨゼフの部屋16名、ホール45名)で与っていただきます。ミサ終了後はすみやかにお帰りください。一部の方に消毒作業への協力をお願いしています。

主任司祭の一言

 先日、何についてだったかは忘れましたが、ある信徒の方と話していたとき、わたしが「最近教会の庭でも、虫の音が聞こえるようになった。秋ですね・・・」と言ったら、すかさず、「神父様ってそんなに風情のある方でしたかね?」と返されました。わたしも負けずに「風情たっぷりの神父です」と言ったものの、よく振り返ってみると、おっしゃる通り歩く道端の花にも気づかないような生き方でした。

 それが毎朝教会の庭に咲く花を見ては写真を撮ったり、虫の音に心地よくなったりするようになったのは、昨年コロナ禍が始まり、教会も数か月にわたり公開ミサを中止したり、いろいろな活動を自粛したりするようになってからです。それまでとは違って、時間に余裕ができ、自分の周りをよくみるようになりました。そうすると自分の周りにある素晴らしい出来事や多くの人々の善意ある生き方にこれまで以上に気付くようになりました。

 そういう中で思うのは、わたしたち人間はよい意味でも悪い意味でも「共に生きている」ということです。ある人の善い行いが多くの人をいやし勇気づける一方で、ある人の悪い行いが多くの人を傷つけ失望させています。わたしたちは、もっと善い業に目を向けなければならないでしょう。これが人の心を豊かにします。自らの危険を顧みずに感染者の世話に献身する人々、コロナ禍の中で生活に困窮している人々を救おうと奔走している人々の働きに心を寄せながら協力しようという姿勢が、この困難な時期を新しい生き方を造りだす時期へと変えてくれます。

コロナ禍後の社会は、コロナ禍以前の社会の回復ではなく、困難の中にある人々を大切にする社会であるべきです。もっとも弱い人々、もっとも傷つきやすい人をまず大切にする社会を築くようにと、神はずっと呼びかけてきていました。現教皇フランシスコも、「人類はまだ、みながともに暮らす家を建設するために一緒に働く能力をもっています」(回勅『ラウダート・シ』 13番)と励まし続けています。

この困難な時期を、新たな出発のための時期としたいものです。


※ 前回までの一言は「各種活動紹介」ページの最後【主任司祭の一言 アーカイブ】に残しています。

【手取教会の小歴史】

手取教会は、1889年(明治22年)、パリ外国宣教会ジャン・マリー・コール神父の熊本宣教から始まっています。1894年にコール神父によって教会御聖堂と司祭館が現在地に建設されました。現在の教会堂は、1928年(昭和3年)鉄川与助氏の手で完成しました。教会は、「日本の聖母」を保護者にいただいています。
1950年(昭和25年)、F・ハンター神父が着任して、これまでのパリ外国宣教会の司牧から聖コロンバン外国宣教会の司牧へと引き継がれました。2005年(平成17年)聖コロンバン会から現体制へ引き継がれることとなりました。

熊本市の中心市街地、デパートやホテルなどの高層のビルに囲まれた中に緑あふれる都会のオアシス、カトリック手取教会があります。聖堂の中に一歩足を踏み入れれば、そこには外の騒々しさとは別世界の荘厳な雰囲気に包まれた祈りの場があります。 
 
 創立年月:1889年3月15日 

 聖堂献堂年月:1894年7月

  (新聖堂) 1928年5月


 保護の聖人:日本の聖母

カトリック手取教会 MAP

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

 所在地
 
〒860-0845 
熊本市中央区上通町3-34
Tel 096-352-3030
Fax 096-352-1515

窓口受付時間

(事務所業務時間)
・業務時間: 午前10時~午後5時
・事務所休み: 月曜日、祝祭日

※平日の祝祭日は休みとなります。
※日曜日は午後2時までとなります。
※昼休みの休憩時間
(12:00~13:00)があります。
※午後5時以降は、緊急以外の電話 はご遠慮下さい。

カトリック案内所「ぶどうの樹」

Tel・Fax: 096-322-7948
営業時間:午前10時~午後6時
定休日:火曜日
(祝祭日の休みに関しては週報で連絡)
昼休み:午後0時~午後2時(1時間) 
お客様の状況によって若干時間を変更することがあります。